すくかうぶろぐ
現役スクールカウンセラーの子育てブログ
発達

うちの子って発達障害?【LD編①】

今回からは「うちの子って発達障害?【LD編】」のスタートです。

ADHDの回と同様に

  • どんな症状があるか
  • どのように診断されるのか
  • 治療はどのようにするのか

についてお話ししていきますので最後までお付き合いいただけますと嬉しいです。

そもそもLDって何?

LDとは「Learning Disorders(Disabilities)」の略称で日本語では「学習障害」と呼ばれています。

実は日本と海外とでは定義が異なっているところがあり、日本では文部科学省の

知的発達に遅れはないが、聞く、話す、読む、書く、計算する、または推論する能力のうち特定のものの習得と使用に著しい困難を示す状態

という定義がメジャーです。

一方で、お医者さんがよく使うDSM-5という手引き書には

  1. 読みの障害
  2. 書くことの障害
  3. 算数障害

の3つからなると定義されています。

LDの特徴は?

上記のような定義だけで見ると非常に難しく感じると思います。

実際にどのような特徴を持っているのかというと

  • 会話はできるのに漢字が苦手
  • おしゃべりは上手なのに音読ができない
  • 計算はできても文章問題になるとできない
  • 図形問題を解くのが苦手 など

のような、できることとできないことが非常にアンバラスな状態がLDの特徴でもあります。

就学前のお子さんだと上記の特徴になかなか気づかないことが多いので、小学校に入学後、学習が進む中でLDが発見されることが多いです。

どうしてLDになるの?

LDも他の発達障害と同じで、脳の一部の機能がうまく働かないことによって起こると考えられます。

たとえば、人が文字を理解する場合、

  1. 視覚か聴覚でことばを認知する
  2. 認知したことばを文字か音に対応させる
  3. ことばの意味をとらえる
  4. 言葉を記憶にとどめる
  5. 必要に応じて、文字か音で表現する

という流れが頭の中では自然と行われています。

しかし、LDのお子さんの場合、上記の流れの中に不具合があると考えられます。どこに不具合があるかによって出てくる症状も、できる対応も違うのでしっかりと見極める必要があります。

おわりに

ここまでいろいろとお話ししてきましたが、専門的な内容が多かったので難しく感じられたママも多いかもしれません。

今回のお話しの中で特に大事なポイントは

お子さんが一生懸命勉強をしていても、うまくできなくて苦しんでいる場合、もしかしたらLDが関係しているかも!?

という考えを頭の片隅にでも置いておいていただけるといいと思います。

LDのお子さんの場合、一生懸命勉強しても結果につながらず、先生やママから「努力が足りない」や「ふざけている」という誤解を受けることが多いです。

そうすると、次第に学習への意欲もなくなってしまい、「どうせ自分なんて・・・」と自信をなくしてしまうケースがよく見られます。

なので、上記のポイントを念頭に置いて、お子さんの状態をしっかりと見ていただき、早期発見・早期対応につなげてもらいたいです。

次回は、LDの診断方法や治療法についてお話ししていきます。

また、次回も読んでもらえると嬉しいです。