すくかうぶろぐ
現役スクールカウンセラーの子育てブログ
スクールカウンセラー

スクールカウンセラーとは

普段、私は公立の小中学校でスクールカウンセラーとして勤務しています。

でも、スクールカウンセラーって一体どんな人なのか、わからないママも多いのではないでしょうか。

なので、今回はスクールカウンセラーがどんなことをしているのかご紹介したいと思います。

スクールカウンセラーってどんな人

スクールカウンセラーとは小学校、中学校、高校に配置される心理の専門職(心理職)のことです。

「School Counselor=SC」や「Counselor=Co」と略されたりもします。

主な仕事内容としては保護者や子どものカウンセリング、先生たちへのコンサルテーションがあります。

それ以外にも児童相談所等の関係機関とのケース会議に参加したり先生たちに研修を行ったりと仕事の内容は多岐にわたります。

スクールカウンセラーは自治体によって必須資格はさまざまな条件がありますが、ほとんどが臨床心理士公認心理師の資格を持っています。

実際、私も臨床心理士と公認心理師の資格を持っています。

でも、それぞれの資格に何か違いがあるのって疑問に思うママもいるのではないでしょうか。

臨床心理士ってどんな資格

臨床心理士は、みなさんが知っている心理の仕事をしている人が持っている資格として、広く知られているものだと思います。

臨床心理士は民間資格ではありますがこれまで心理職の必須資格として設定されてきました。臨床心理士の受験資格を得るためには大学を卒業後に大学院に進学し、修士課程を修了しなければなりません。

大学院も臨床心理士の受験資格が得られる指定大学院というものがあり、どこの大学院でもいいというわけではありません。指定された大学院に進学し、専門的な講義や実習等の実践を重ねてようやく受験資格が得られます。

大学院を修了後に受験資格が得た後に資格試験を受け、そこで合格して初めて臨床心理士として世に出ることができます。ここまでの道のりは最短でも6年はかかり決して短いものではありません。

私自身も、大学院時代に療育施設で実習をしたり、構内ある相談センターで相談実習を行ったり、さまざまな実習に取り組んできました。

また、この資格は5年ごとの更新していかねばならず、各自で研修を受けるなどして日々研鑽積んでいく必要があります。

こうした高い専門性を持つ心理職の資格として臨床心理士というものがあり、今までの心理職を下支えしてきた資格でもあります。

しかし、民間資格であるがゆえに制限も多かったので、活躍の場をより広げるために心理職の国家資格化への流れを汲んで次の公認心理師という資格ができました。

公認心理師ってどんな資格

公認心理師は心理職を国家資格として認定できるように2017年に誕生しました。

国家資格として認定されることにより、これまで医療や福祉などさまざまな分野の職業の人と連携する機会があった中で心理職だけ民間資格というアンバランスな状態が解消されることになりました。

私のところに相談に来てくれたママの中には、どんな資格を持っているのか不安に感じている人も少なからずいました。

なので、国家資格であるということでカウンセリング等を受けに来てくれる人にとっても信頼感や安心感につながるのではないでしょうか。

公認心理師は、2022年までは移行期間ということで、受験資格にもさまざまなルートがあります。移行期間終了後は大学や大学院で指定された科目を履修したり、実務経験が必要になったりと非常に専門性の高い資格になります。

まだ、国家資格として日が浅いので、運用状態も手探りなところが多いですが、少しずつみなさんに浸透していってほしいな、と私は思っています。

こうした資格を持ったカウンセラーが学校に配置されて心の支援を行っています。

おわりに

今回はスクールカウンセラーについてご紹介しました。

私自身、上記の資格を取得してカウンセラーとして働いていますが、終わりのない勉強を続けているような日々です。

それぞれの相談内容によって支援方法も異なり、似たような相談でもまったく同じ支援方法ができるということはあまりありません。

相談に来てくださったママや子どもたちのために何ができるかを日々考えながらカウンセリングを行っていますが、なかなか結果が出ないこともあります。

それでも、相談に来てくれた人が笑顔になるために私ができることがあれば精一杯頑張っていきます。

次回は普段のカウンセリングの中でどのような相談があるかを簡単にお話したいと思います。

これからスクールカウンセラーに相談に行こうか悩んでいるママに一歩を踏み出してもらえるような内容にしていきたいと思いますので、次回も読んでもらえると嬉しいです。